子ども元気ネットワークひょうご

子ども元気ネットワークひょうごフードバンク関西

活動の目的

日本では、18歳までの子ども達の16%、つまり6人に1人が貧困の中で育っています。特に急増する母子家庭世帯において、母親の不安定な非正規雇用や低賃金・長時間の就労で、やっと暮らしを立てている世帯が多くを占め、そのような環境で育つ子ども達が増えてきています。

「子ども元気ネットワークひょうご」は、民間の3つのNPO法人が協働して、母子世帯を応援します。

  • 認定NPO法人 女性と子ども支援センターウィメンズネットこうべWEBサイトはこちら
  • NPO法人 フリーヘルプ(衣類等のチャリティショップを運営)WEBサイトはこちら
  • 認定NPO法人 フードバンク関西(フードバンクを運営

各NPOが持つ資源やノウハウを活用し、生活困窮する母子世帯に必要な情報、生活物資、食糧を提供して、子ども達の健全な成長を、物心両面からサポートします。

活動のしくみ

NPO法人ウィメンズネットこうべが、相談に訪れる母子世帯の中から、支援を必要とする世帯を見出して会員登録し、生活相談、子どもの学習支援、交流会を行います。

NPO法人フリーヘルプは、会員に対し3カ月に一度、衣服と生活用品を支援します。

フードバンク関西は、会員に対し1カ月に一度、食糧を支援します。

これらの支援により、母親が孤立から脱し、仲間と支え合う安心を得て、余裕を持って子育てをする環境を作ります。

子ども元気ネットワークひょうごの活動の仕組み

ご活用された方のコメント

  • クリスマスとお正月が一気に来たみたいに、沢山の食品に皆で驚きました。
  • 想像以上に沢山送っていただき、子どもと一緒に歓声をあげました。果物が入っていたのも嬉しかったです。体調が悪いので、すぐ食べられるものは大変助かります。
  • 子どもの宝箱を空けるような楽しみを1か月に1回、待っています。
  • 今月も届いた事がとても嬉しく、生きる勇気と感謝の気持ちでいっぱいです。買い渋って普段食べないものがあったので、子どももとても喜んでいます。とても気持ちが楽になる瞬間で「食べ物が家にある」というのは、精神的に不安が解消されるのだなと実感します。

お問い合わせ

WACCA(ウィメンズネットこうべ)078-798-6150

第1・第3火曜日 10:00~16:00

Translate »